ブログランキングに参加してます! よかったら押してー! ↓↓↓
人気ブログランキング

オガ子のキャバクラに行ってきた(後編)




再び列に並び直す3人


オガ子キャバクラ2周目に突入する事が決まりました













ちなみに前回列を並ばずに店員に怒られていたおじさんはそのまま悲しそうにログアウトしました


チームチャットは大爆笑でした


面白すぎるやろあのおっさんw





ドラゴンクエストXランキングへ














これから約1時間並ばなくてはいけません


れんげちゃんに会うためにはこの苦行を乗り越えなくてはいけない、まさに試練です












今回はなんとかれんげちゃんを口説きおとしたい我々は本気の衣装に着替えます


宇宙海賊、偽物のエルビス、謎のパーリーピーポー


明らかに列で浮いている3人














並んでいる途中にハイエナが1匹近づいてきました


フレのドロワットさん、どうやら1人でお店に入る勇気がないので一緒に混ぜて欲しいとお願いをしてきました


パーティにあと1枠空きがあったので優しい我々は仕方なく混ぜてあげることにしました












ただハイエナに躾をしておくことは大切です


いつ汚い手を使って私の女に近づくかわかりませんからね


紳士であるネギさんは優しくハイエナに言い聞かせておきました











いよいよあと少しで我々の番だという時に問題が発生しました


どうやらこのキャバクラは1度に入れるパーティは3人までの規則のようです


4人で組んでいたので1人外さなくてはいけなくなりました


そしてふじこの顔を一斉に見る3人












空気を読んでふじこちゃんが抜けてくれました


ありがとうふじこ、君の事は絶対に忘れない多分


仲間との悲しい別れを終え、気持ちを切り替えワクワクしながら順番を待ちました











さぁいよいよ順番が回ってまいりました


マッチョなボディーガードが例の質問をしてきます


「いらっしゃいませ、ご指名はあ」


「れんげちゃんでお願いします」


即れんげちゃんを指名待った無し













「申し訳ございません、れんげはただ今他についております。別の子の指名でお願いします」


俺たちは泣いた


体内の全ての水分を使い切る勢いで涙した


今日ほど神を恨んだ日はなかった












我々が泣いている時、1人のオガ子ちゃんが声をかけてきた


「あれ?みなさんまた来てくれたんですか!」


前回ヘルプについてくれていた新人のレロー・レレちゃんだ


この子もいいんだよなー、新人だもんなー










「レロー・レレさんご指名入りました~」


今回はレレちゃんを攻略することにしました


しかしレロー・レレってすごい名前だよね、何人なんだろう?









再び帰ってきたオガ子天国


レレちゃんを自分の横に座らせる為にこうたとドロワットは奥の椅子に座らせました


戦いは既にはじまっているのだ










「ご指名ありがとー、レロー・レレです!新人なので慣れてないですがよろしくね☆」


「はは、緊張しないで楽にしていいんだよ!」


挨拶が終わりフリートークタイムとなります










「レロー・レレちゃんはこの中だと誰が1番タイプだい?」


「えー、みなさん素敵なので選べません~」










「そっかそっか、ところでレロー・レレちゃんは強い男は好きかい?」


「私、強い男の人好きです~」


「そうなんだ、自慢じゃないけど俺って結構腕には自身があるほうなんだよね」


「そうなんですか?」










「地元では喧嘩で負けなしだったからね、ほんとあの頃はヤンチャしたなぁ、ふふ」


「す、すごいですね」


「ほんと先輩にも一目置かれてたからね俺!やっぱ隠しててもでちゃうんだろうなー、俺の強さってさ」


「わぁ~・・・すごいと思います」


「この前なんてダークキングを素手で倒しちゃったからね、ほんと最近弱い敵ばかりで張り合いがなくって、ははは」


「わ~・・・すごいなぁ」


私の武勇伝に少しずつ惹かれて行くレレちゃん


甘いトークが続きます











「ところでレロー・レレちゃんって彼氏とかいるの?」


「あ、今は特にいないですね」


「あ、そうなんだ。実はこう見えて私も今フリーなんだよね!なんか運命感じちゃうよね?ね?」


「そ、そうですねぇ~」


手ごたえあり


皆さんもお分かりだと思いますがレレちゃんが落ちるのは時間の問題でしょう


これぞ狙った獲物は逃がさない、百戦錬磨の男ネギ星人の力だ










しかし、私の脳裏には彼女の顔が浮かんでいた


そう、マイフェイバリットオガ子ガールれんげちゃんです


このままレレちゃんを口説き落とすことは間違いなく可能でしょうがやはり私はれんげちゃんを諦める事ができなかった


それが恋ってやつなのだ












「レレちゃん・・・」


「はい?」


「ごめん、君の気持ちには答えられない!俺にはもう心に決めた人がいるんだ!」


「え?あ、そっすか」


1人の汚れなき美しきオガ子を深く傷つけてしまったネギ星人


ほんと恋ってやつは時に儚く、時に残酷な悲劇を招くものです


しかし人間とは悲しみを乗り越えることで更に成長をする生き物なのです


レレちゃん、君ならきっといつか素敵な男性と巡り会える時がくるさ


今日この日の辛さをバネに強く生きてくれることを願う












この後このお店のママであるエイダさんも加わり5人で楽しいトークをして盛り上がりました


しかしこの楽しい空気の中、レレちゃんは薄っすら涙を浮かべていたような気がします












そのまま時間となり店を後にしました


素敵な出会いを提供してくれるオガ子キャバクラ


とてもいいお店だった、また来よう













外にでるとなんとれんげちゃんが待っていてくれた


そして私に向けハートを作りささやいた


「またきてね☆」


やっぱり俺にはこの娘しかいねぇ!


「ありがとうマイハニー!必ずまたくるよ」


明日が仕事だった為、別れを惜しみながらもお店を後にした


あなたも素敵なオガ子が集うキャバクラに是非行ってみませんか?


とてもロマンチックな時間を過ごす事ができることでしょう


ただし、私の許可なくれんげちゃんに手を出したらぶん殴りますけどね♪



おわり





ドラゴンクエストXランキングへ


関連記事

コメント

非公開コメント

れんげちゃんと海外旅行行く落とし文句を教えてください

<コル
それ私も知りたいです

来店ありがとうございました。

チーママの運営ですが不定期で営業するので
またの来店お待ちしてます♪

オガ娘クラブ♪ジェレッタ♪
オーナーママ エイダ♪

<エイダ
エイダママー!!!
コメントあざーす!
お店の子可愛い子ばっかで目移りしちゃいますわ