FC2ブログ
ブログランキングに参加してます! よかったら押してー! ↓↓↓
人気ブログランキング

はじめてのキラークリムゾン狩り




どうもネギ星人です


最近ひよこおじさんの団というチームに移籍しました


とても強そうでかっこいい名前でしょう?


え?何故前のチームを抜けたかって?


男には色々あるのです!










このチームは前に私のメイヴ4のはじめてを奪ったコルさんがリーダーのチームです


チムメンは適度に優しく、適度に交流もあり、適度に下ネタもある素敵なメンバーが揃っております


大変居心地のいいチームでございます





ドラゴンクエストXランキングへ













今回はチムリーダーのコルさんからキラークリムゾンを殺しに行こうと誘われました


メイヴ4に続いて私のはじめてのキラークリムゾンも奪うつもりのようです、なんて強引な人


でもそういうの嫌いじゃないです(照)


あ、ちなみにこのジバニャンの衣装フレンド達に見せましたがみんな可愛くないって言ってました


今度百烈肉球でお仕置きするつもりです











キラークリムゾンをする上で重要になってくるのは周りの応援


レンジャーの応援による必殺チャージがないと厳しい戦いになるようです


そこで暇そうにしていたミスターうしお氏を応援枠で連れていくことにしました


何故かプクリポに整形していました











私の家に集まる勇者達


すでにコルさんがルームに召集をかけており充分過ぎるほどの応援陣が揃っておりました


うしおいらなかった












さっそく現地へと向かう


共に戦うメンバー

プリティージバニャン、ネギ星人(パラディン)

チームリーダー、コル(パラディン)

チームの凄腕僧侶、ジークハルト(僧侶)

コル氏の親友、サキラッシュ(パラディン)


パラディン3僧侶1の構成、これが一番楽とのこと











みんな現地に到着したのにいつまでたってもうしおだけ現れません


確認してみると1人迷子になっていました


もう帰っていいよ










うしお到着


これですべてのメンバーが揃い、まずは開催の儀式を行うことになりました


開催の儀式の内容

1.うしおがソロでキラークリムゾンと戦う

2.うしおが死ぬ

3.放置

以上










儀式スタート


ビビっていてなかなかキラークリムゾンにあたりに行かないうしお

「うしおはやくあたれよ!」

「オラオラ、ビビってんじゃねーぞ」


うしおを煽るメンバー


ただのいじめです










意を決してキラークリムゾンに挑むうしお


うしお+サポ対キラークリムゾンの熱き戦いが始まった


頑張れうしお!負けるなうしお!












そして予想通り瞬殺されました


その間わずか3秒











まるで伝説の次鋒レオパルドンの如く一瞬で試合が決まってしまった













先鋒ウシパルドンの死に悲しむ暇もなく我々のキラークリムゾンとの戦いは始まった


まずは盾を装備し必殺が貯まるまでひたすら耐える











必殺が貯まったら槍に持ち替えパラディンガードを発動し、怒って寄ってきたキラークリムゾン2匹にジゴスパークをくらわせる


パラディンガードがきれそうになったら別の人がパラディンガードを発動し同じことを繰り返す


最初はそんなんでうまくいくのかと思っていたが周りの応援もあり調子がいいとガンガン必殺がチャージされる











ただ必殺が貯まるかは運になってくる


運が悪いと全然必殺がこなくてきつい戦いになってしまう


しかし1回目で敵をオレンジまで追い込みかなりの善戦となった、いけるぞこれ












この後もひたすらパラディンガードとジゴスパークを繰り返して行き













3試合目で討伐に成功


クリムゾントルネードの称号がもらえたわーいわーい


うしおよ・・・仇は取ったぜ











思ったよりあっさりと勝ててなんか拍子抜けしましたが間違いなく応援にきてくれた仲間達のおかげだろう


共に戦ってくれた仲間、わざわざ応援に駆けつけてくれた優しい人達、必要ないのにきてくれたうしお、本当にありがとう感謝!


次回はイーギュア、テメェの番だ!



おわり






ドラゴンクエストXランキングへ


関連記事

コメント

非公開コメント

うしおちゃん儀式

うけるっww
キラクリ討伐が完全に
うしおちゃんに乗っ取られてるw

次はイーギュア行くぞーw
魔法でラリホー瞬きと技巧とメラ系ダメアップよろーw

<コル
まかせろおおおお!
イーギュアの時もうしおの儀式からスタートしよう